次の記念大会の時には大きな革命が起きるかもしれない

正月恒例となっているが箱根駅伝ですが毎年見る人も多いので見学に行く人がいるがファンも多くなった事で楽しみがあると言うが来年は記念大会となっているが今日のスポーツ紙の一部では大展開があると言う。

それが100回大会の時に箱根駅伝は関東の大学だけだったのが全国大会に移行する可能性が出て来ている。
これは一部のスポーツ紙でスクープをしているらしい。

と言うのも最近は連覇する大学もある中で監督をやる気にさせる所も多くなった事でらレベルも上がったと思われている事で関東だけで行うのはどうなのかと思われている関係者の方々もいると言う事になる。

最近では予選会で落ちた大学でタイムがいい学生を選んでチームを作っている「関東学生連合」を結成をしているが全国大会に以降するとこれが消滅してしまう可能性があると思われていますが他の大学から出場の場合は基準タイムを設定すると思われている。

また、出雲駅伝や全日本大学駅伝で順位がいい成績だと箱根駅伝に進められると言う事になるがこれだとシード権争いだけではなく関東に行かなくても地方から箱根駅伝が出場を目指す事になる。

伝統がある駅伝大会となるが100回大会で新しい大会に生まれ変わる事になると更に注目が集まるかもしれないが箱根駅伝が新しい歴史が誕生すると思われているが進化をするのは間違いないと思っているかもしれない。

これから10年はこうした準備期間だと思っているので関東だけの大会から日本に注目される駅伝大会になると思うのです。キレイモ